2013年12月1日日曜日

ちんこの歌しか歌ってないのに人々は感動していた。小林よしのりは間違っていなかったのだ。

ホーデンさんのブログみたいなタイトルになってしまったな。

昨日も今日も素晴らしいものが見れたのです。
どうしても同じライブが2回もあることは、それが年くえば年くうほど確率的に減ってきてしまうのがバンドマンとかそのたのあれですよ、いやなんでもないです。

Lyuichiさんメインのコントもそういえばほぼ初めてだと思いますね。
1年半もやってますと、すこし意識が高くなってきますね。
燭台はさりげなく意識の高いバンドですね。

そういえばロウヘノさんは今のところの分だけで、今後の予定は全く白紙です。
やめる気はないですが、進める気もないので、もうちょっと死にたいポイントが溜まってきて且つ電子ブルースだったら何かやりますよ。
話は戻りますけどバンドマンって自己満足のラインをギリギリで攻めてくるのでたまに事故りますよね。
いつだって、そのあれはその二度と見られないのだし、ましてぼくとかは大事なものほど記録することが比較的嫌いだから、あれですよ。
うん。